ゴースト血管

こんにちは!

ここのところ、東京はとても暖かい毎日でした。暖かすぎてすっかり春のようです。
木々や虫さんたちも春がきたと勘違いしてしまいそう笑

でも、まだ朝晩は冷えますし、その都度の温度調節が面倒な時期ですが、体調管理に気を付けたいですね(^-^)


ということで、久々の更新となりました本日は^^;
ゴースト血管」について。

ゴースト血管とは、血流が途絶えて消えた毛細血管のこと。

”私にそんな血管があるわけない!”と言いたいところですが…実は、加齢とともに増えていきます

女性の場合、女性ホルモンが減少する40歳ぐらいから毛細血管が減り始め、
60代になると、20代の頃に比べて40%も減るというデータがあるのです。

加齢や紫外線、過剰に増えた活性酸素(身体のサビ)などによって血管の中にある壁細胞が傷つき、はがれやすくなります。
それにより、毛細血管が正常な血管の形状を保てなくなり、内皮細胞との間に隙間ができます。
そこから血液が漏れ出して、血流が途絶えてしまうのです。。。

血液の流れがないと細胞に酸素や栄養が届かなくなり、細胞の疲労物質の回収が出来なくなり、体のだるさに繋がったり、様々な病気を引き起こします

体の毛細血管の長さはおよそ地球2周半もの長さがあり、全身の健康に関わっているのでゴースト血管は作らないように気をつけたいですよね!!

ここで気になるのが「私にゴースト血管ってあるの?」ですよね。

実は、簡単なテストでわかったりします。

それは、爪床圧迫テスト。

1,親指の爪の根元を5秒押す
2,赤みが戻るまでの時間を測定

たった、これだけ。
そして、その赤みが戻るまで”3秒以上掛かる方”はゴースト血管があるようです…

ちなみに…私も早速、試してみましたが、両手両足大丈夫そうでした!良かった(^-^)皆様も試してみてくださいね!

ただ、年齢的にも私もこれからしっかりケアしたいなと。

ゴースト血管を作らない為には紫外線を浴び続ける事を控えた方が良いみたい。
紫外線を浴び続けると活性酸素が発生し毛細血管にダメージを与えゴースト化に繋がるとのこと。

また、空腹時に一気に食物を体に入れると血糖値が上昇し、血管の細胞の壁細胞にダメージを与えます。

紫外線や早食いには気を付けたいところですね!

その他、睡眠不足や過度なストレスなどが原因でも毛細血管のゴースト化が進むので、要注意!


なお、私は、毛細血管を甦らせる魔法のスパイスを食事に取り入れています!

それは、

ヒハツ

というものです!

ヒハツとは、コショウ科の香辛料です。
粉状になっているので、コショウなどの代わりに食べ物や飲み物にふりかけるだけ!ヒハツを1日に、1g(小さじ1/2程度)程度摂取すれば、身体の内臓の温度も上がり、冷えの改善にもなりますよ(^^)

え?そんな、ヒハツなんて買いたくない!という方も大丈夫です(^^)
ヒハツの代わりに黒胡椒でも同じ効果が期待できるそうです。

実際に、2週間、毎日ヒハツを摂った方が、ゴースト血管を蘇らせた実験も以前テレビでやっていました!


ということで、ありがたいことに、毛細血管は何歳になっても増やすことができます!

血管新生といって、ダメージを受けても修復し、枝分かれするように新たな毛細血管が育ち、定着していくとのこと。

同じ年齢であっても、毛細血管の量には個人差があり、毛細血管が多い人は見た目も若々しく、病気のリスクも低いようです!

加齢による毛細血管減少を最小限に食い止め、健康な毛細血管を増やすことはアンチエイジングにもつながり、健康寿命を延ばす近道といえます!

是非、皆様も毎日、ヒハツ、または黒胡椒をお料理にたくさん振りかけて食べてくださいね!!(^-^)/

ではまた(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡