玉ねぎの皮、捨てないで!

皆さまこんにちは~^^

5月も今日で終わりですねー。
本当に月日の経つのは早いものです。


私の誕生日は6月の半ばなのですが、いつもお正月を迎えると、「あっという間にまた誕生日がくるんだろうな。」と考えます。

そして、誕生日があっという間に過ぎて、「またあっという間に年末になるんだろうな。」と思う。
その繰り返しで早50年。汗

子供たちも手がかからなくなった今、早く孫に会いたいです(笑)



話は変わりますが、皆さま、【玉ねぎの皮】は捨ててはいませんか?

【玉ねぎの皮】栄養効果は驚くほどに偉大です★


玉ねぎの白い部分も栄養価は高いですが、その皮ときたら、30倍もの「ケルセチン」が含まれているんです!
「ケルセチン」とはフラボノイドの一種です。

その健康効果は・・・

血圧、血糖値、コレステロール値の改善、血液サラサラ効果、デトックス、ダイエット、便秘予防、アレルギー症状や花粉症予防改善、アトピー性皮膚炎改善、がん予防、認知機能改善効果、老化防止、アンチエイジング効果・・等。

こんな素晴らしい栄養効果のある皮さん、捨てるわけにはいきませんよね^^;

摂り方は簡単★

1、ケルセチンが沢山含まれている【玉ねぎの皮】はよく洗って5分ほど煮ます。
2、そうするとお湯がみるみるうちに茶色に。
3、それを飲むと少し苦味がありますが、飲めない程ではないです。

が、苦手な方は、スープに使ったり、カレーに使ったりしてどうぞ


欧米の調査研究では、食事からケルセチンやケルセチンに似た化合物(フラボノール類)を多く摂る人は、心筋梗塞で亡くなる割合が少なかったと報告しています。

また日本では、ケルセチンを多く摂取している人は血中のLDL-コレステロールが低かったという調査結果があります。

動物実験では、ケルセチンは脂肪や糖の多い西洋型の食事を続けることで発症する肥満やメタボリックシンドロームを予防・改善する作用があったと報告しています。
※国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 調査・報告より

【玉ねぎの皮】を捨てている皆さん!
次回からは捨てないで健康維持のために使いましょう♪

ではまた~^^