レモンってすごい

皆さまこんにちは!

今日はお天気も良く洗濯物もよく乾きました!
やはりお天気の良い日は気持ちがよいですね★


先週の2月4日(木)、気象庁は関東地方で春一番が吹いたと発表しました。
なんと、昨年に比べて18日早い発表になったそうです。

まだまだ寒暖差はありますが、少しづつ春に近づいていきますね★

私は暖かくて過ごしやすい春が一番すきです!^^
春が来ると思うとワクワクします♪


ということで、今日は冬が旬の「レモン」のお話をしたいと思います^^
(春が好きって言いながら…笑)

皆さまは毎日「レモン」を食べていますか?
なかなかレモンを毎日食べている方は少ないと思いますが・・・

「レモン」といえばクエン酸

そのクエン酸が、疲労回復に良い、ということは皆さまご存じだと思います。

それにプラスして、レモンが「血管若返り最強食材」だと知ったら、「え!じゃ、毎日食べる!」と食べ始める方も多いのでは?(笑)


私も先日買いだめしてまいりました!
何故買いだめしたかといいますと、国産レモンは冬が旬で3月以降スーパーに並ぶのは外国産になるからです★


レモンはポリフェノールの一種の「エリオシトリン」に含まれています。

そのエリオシトリンは、強力な抗酸化作用があり、動脈硬化の元となる悪玉コレステロールの酸化を抑えてくれる効果があるんですって!


うちの母は血圧が高いので「レモン」ちゃんの力を借りようと思うわけです★


血圧が高くなる理由としては、酸化した悪玉コレステロールが血管の壁にへばりつくことで血管が狭くなり血圧が上昇します。
それを「レモン」ちゃんは予防してくれるわけなのです。


しかも「レモン」のクエン酸は、血圧を高くするホルモンを抑える効果もあります!


「エリオシトリン」は果汁よりも、レモンの皮と白い部分に23倍多く含まれていると言われています。

それはもう、皮ごと戴きたくなりますよね笑

その場合、外国産のものですと、運搬時間の問題でどうしても防カビ剤や農薬等がかけられていますから…(全てではないかも知れませんが…)
できれば、国産をチョイスしたいですね!

私の家では「レモン」は皮ごと輪切りにして、はちみつ漬けにして冷蔵庫へ!

それを小腹がすいたとき等にちょくちょく食べているのです(^^)/
母にもその食べ方をススメています。

また、買いだめして余ったレモンは、冷凍保存しておきます!

使いやすいように、輪切りやくし切りにしてからの保存がおすすめ★


そうそう、「レモン」の皮をしぼるといい香りがしますね!

これは「リモネン」といって嗅ぐとストレスを軽減させてくれたり、 リラックス度UPや集中力UPの効果が期待できます!

夜ぐっすり眠りたいとき等に嗅いでみたり、お湯(お風呂じゃないです)にレモンスライスを入れ「レモン白湯」にして寝る前に飲んだりすると 「リモネン」の効果を得られやすいです(^^)/ ★

ちなみに、揚げ物にレモンが付いてきますがそれは理にかなっているのです。
揚げ物を食べると体内ではタンパク質と余分なブドウ糖が結び付き身体の老化を促進させる”AGE”が生成されます

ところが、レモンをかけるとクエン酸の働きによりAGEの生成が抑制されるのです★

今までかけてなかった方!

今後は絶対にレモンを絞ってかけてくださいね!

ちなみに絞る時は皮を下にして絞る事で香り成分が出やすくなります(^^)/

ぜひぜひお試しあれ♪

ではまた~